2・3年生 長岡日帰り遠征

天候にも恵まれ絶好の遠征日和となりました晴れ

今回の遠征の目的地は新潟県長岡市!

片道約3時間の道のりですが、バスでの長距離移動は初めての選手もいるでしょう。

ドキドキワクワクしながら遠征が始まりましたバス

 

車内では元気な選手がいたり、ウトウトしている選手がいたり、様々です。

大切なのは一人ではなく、みんなで時間と場所を共有しているということ。

仲間を思いやる心が大切です。

 

サービスエリアでは走らないこと、しっかり周りを見ながら横断すること。

アラグランデ以外の人たちも利用している公共の場。

騒ぎすぎず、楽しく休憩できました。

 

到着すると長岡JYFCの皆様と、素敵なピッチが私たちを迎えて下さいました。

帝京長岡高校関係者の皆様、このような環境を用意していただきありがとうございました。

 

今年、帝京長岡高校に進学しました、アラグランデJY卒業生の上條斗夢選手も私たちを迎えてくれました。

素敵な環境の下サッカーに励んでおります。

 

午前中は2年生と、午後からは3年生と交流させていただきました。

30℃近い気温の中、どちらのチームの選手も最後まで一生懸命ゴールを目指していました。

長岡JYFCの選手たちのボールを扱う部分、試合に臨む姿勢、どれも勉強になりました。

ピッチの上で対峙した選手たちがそれらを一番強く感じたのではないでしょうか。

ここで見えた、できたことやできなかったこと、嬉しかった気持ちや悔しかった気持ちを忘れずに持ち帰ろう。

 

長岡JYFCの皆様、この日も交流していただきありがとうございました。

ピッチ内外でのプレー、行動、言動、まだまだ成長しなければならないことばかりですが、

今後ともどうぞよろしくおねがいします。

 

帰りのバスは、全員が疲労した状況にあります。

うまくスペースを譲り合ったり、寝ている選手を気遣ったり、、、サッカーと同じですね。

疲労している状況下でのプレー(行動)の質こそが、良い選手・人に求められるものではないでしょうか。

それにしても上手にスペース使ってますね、、、

 

ピッチ内外において、スタッフが注意する場面も多々ありました。

しかし、そこから変化の見て取れる選手がいたことが嬉しかったです。

初めから上手くいくことはなかなかありませんが、だからといって失敗を恐れて動き出さなければ何も起こらないし、変わりません。

まずはおもいきって動き出す!その背中を押してあげられるよう、見守っていけたらと思います。

 

この日も朝早くからのご協力ありがとうございました。

また遠いところ応援に来て下さった方もご苦労様でした。

素敵な時間を与えて下さったことに感謝しております。

 

| - | 14:57 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
6年生 小諸遠征

 

先週の3年生に続き、今回は6年生がお邪魔させていただきました。

アルティスタの皆様、2週に渡りお呼びいただいてありがとうございました。

 

 

全日本少年サッカー大会の県予選を翌月に控えた6年生ですが、この日もしっかりと鍛えていただきました。

試合をして下さったアルティスタ、沼田SCの皆様ありがとうございました。

 

 

心、体、道具。良い準備をして臨みましょう。

 

この日も遠征へのご協力ありがとうございました。

 

 

■全日本少年サッカー大会県予選スケジュール■

10/16()

塩尻市中央スポーツ公園サッカー場

2回戦 13:40〜(東春近 vs 梓川の勝者)

| - | 14:19 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
U-10交流戦

先週末に、豊科南SCさんと交流戦を行いました。

誰が考えたのか、チームの中で一番個性的な円陣の掛け声ですね!!

IMG_8100.jpg

 

IMG_8101.jpg

 

IMG_8103.jpg

 

IMG_8104.jpg

午後からみっちりゲーム三昧。

普段のトレーニングで取り組んでいる攻撃、守備の優先順位を意識しながらプレーする事、

少しずつ体に染み込み表現できるようになってきましたね。
ですが、ボールを扱う事が一番なサッカーでは、

 

ボールを運ぶ、ボールを蹴る、ボールを止める

 

この技術をもっと上げる事を再認識しました。いきなり明日できるようにはなりません。

日々の積み重ね。繰り返し繰り返し、もっと沢山ボールを触ろう!!

 

対戦頂いた、豊科南の皆様有難うございます。

そして、父兄の皆様いつも選手達のサポート・応援有難うございます

| - | 15:00 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
3年生 小諸遠征

遠足か?と思ってしまうほど朝から元気なのは、楽しみにしていた証ですね。

保護者の皆様も朝早くからの遠征にご協力いただきありがとうございました。

 

 

到着すると、一面に広がる人工芝のピッチ!

このピッチを前にして頑張れないわけがないサッカー

主催して下さったアルティスタをはじめ、永明、NOZAWANA、Lauleの4チームとたくさん交流していただきました。

どうもありがとうございました。

 

 

4年生との試合も組んでいただき、厳しく難しい時間が多かったのではないでしょうか。

それでも最後の試合が終わるまで、自分と相手と戦い続けている選手の姿が見えました。

1試合目と最後の試合を比べてみると、特に気持ちの部分での成長を感じました。

今後もこういった試合を重ねていければと思います。

 

 

4年生との試合を前に『恐い』とこぼした選手がおりましたが、これは相手との力の差を感じられる鋭い発言だと思います。

そしてその選手は怖さを感じながらも勇気をもってピッチに入っていきました。

 

動き出さなければ前には進めない。

 

 

この日も朝早くからご協力いただきありがとうございました!

| - | 11:19 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
結果と内容

 

自分たちの試合、中学生の試合。比べてみて何を感じたか。

ミーティングであった『結果と内容』を求めること。

Best Gameを表現するにはまだまだすべてが足りない。

だからこそ日々を大切に過ごしていこう。

 

この日も関わって下さったすべての人に感謝しております。

どうもありがとうございました。

| - | 10:44 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
U-11こくみん共済 安曇リーグ

 U-11こくみん共済リーグの最終戦が行われました。

ピッチは、刈り込んだばかりの大町陸上競技場!!

最高のコンディションでした。

 

VS穂高北 3−1

IMG_8073.jpg

VS豊科南 0−1

IMG_8075.jpg

IMG_8074.jpg

前期にも対戦した両チームとの再戦。前期は両チームともに引き分け。

後期は、1勝1負け。

成長した部分、まだまだ足りない部分。

やはりゲームは多くの事を選手や指導者に教えてくれます。

満足する事なく、次のステージに向けて取り組もう!!

 

対戦チームの皆様、会場準備の大町プチの皆様有難うございます。

IMG_8076.jpg

そして、いつも朝早くからの選手達の様々なサポート・応援といつも有難うございます。
選手達の大きなパワーになっております。

 

IMG_8077.jpg

最終戦ですので、リーグの閉幕式もありました。 敢闘賞のくまちゃん。

IMG_8079.jpg

 

 

 

| - | 11:15 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
U12 安曇リーグ・後期

前期リーグの成績により、アラグランデは後期リーグの上位リーグ編成に滑り込むことができました。

これは1試合1試合を、1得点1失点を大切にしながら全員で粘り強く戦った結果です。

それにより、この日も上位リーグの2チームとの試合を行うことができ、力を貸していただくことができました。

 

また、リーグ最終日ということで閉幕式も行われました。

 

vs アルフット 1−4 ●

vs 豊科南 2−0 ○

 

6年生にとっては最後の安曇リーグとなりましたが、安曇地区のチームの皆様にはいつも鍛えていただきました。

ここでの課題をトレーニングに持ち帰っては、克服しようと取り組んできました。

拮抗した試合もあれば、点差が開いてしまう試合もありましたが、すべての状況が選手を鍛える時間となっていて、振り返るとどれも大切な時間でした。

ここで経験したことや感じたことを今後に活かさなければいけない。

これからも感謝の気持ちをもってサッカーに取り組んでいきましょう。

 

試合をして下さったアルフット、豊科南の皆様、ありがとうございました。

また、この日もサポートして下さった保護者の皆様、ありがとうございました。

| - | 11:48 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
U12 アラフェスタ

6年生には最後となるアラフェスタが行われました。

今年も県内外から多くのチームにお越しいただき交流することができました。

試合をすることはもちろんですが、観ることでも多くのことを学ぶことができました。

特に決勝戦となった長岡JYFCとイーレクス古河との試合は、心技体すべての部分がハイレベルで、そこから多くのことを感じさせられる試合となりました。

 

この夏、6年生を鍛えて下さったチーム、支えて下さった皆様への感謝の想いを胸に、これからの時間を過ごしていかなければと強く思いました。

関わって下さったすべての皆様に『Respect』

| - | 13:48 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
U9 ヴェルディカップ

Jクラブであります『東京ヴェルディ』のスクールの皆様が、今年も白馬にお越しくださいました。

毎年交流していただき、素敵な時間を過ごさせていただいております。

 

気持ちのいい天然芝のピッチの上で、熱い戦いが繰り広げられました。

目指すはそう・・・コイツを天高く掲げること・・・

 

自分の好きなことだけを表現していてはチームは一つになれません。

チームが一つになれなければ勝利することも、サッカーを楽しむことも難しくなってしまう・・・。

ボール・ゴールを観ることはもちろん、仲間・相手もしっかり観て、深いつながりとなるように。

緑の勇者たちに、たくさんの驚きと発見をいただきました!

また、交流していただいた梓川、池田の皆様もありがとうございました。

しっかり鍛えていただきました!

 

保護者の皆様、二日間のサポートありがとうございました。

素敵な時間を過ごすことができました。

 

| - | 16:27 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
切磋琢磨

県内外各地からいろんな『色』をもったチームがこの白馬村に集い、私たちを鍛えてくださいました。

この環境、この時間は決して当たり前にあるものではなく、関わってくださったすべての方々に感謝しなければなりません。

お越しいただいたすべてのチーム、選手、スタッフに『Respect』

 

数日間に渡り、ご協力いただきありがとうございました!

| - | 16:07 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
サッカー名選手図鑑
歯科医院向けの開業税理士
サッカーニュース
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE